招き猫のおかたづけ日誌

大家の立場…ゴミ屋敷の原状復帰。

原状復帰とは不動産賃貸の契約の時に良く使用される言葉です。

アパートやマンションを借りている場合、入居者は退去時に貸している人に対して明け渡す時、借りた時の状態にして返すことです。

原状回復も同じ意味に使われます。

特にゴミ屋敷での原状復帰は大家にとって予想以上の負担となります。

実は原状復帰をめぐるトラブルはかなり多いため国土交通省が原状復帰に対してのガイドラインを定めています。

原状回復を「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、
その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」と定義し、その費用は賃借人負担としました。
そして、いわゆる経年変化、通常の使用による損耗等の修繕費用は、賃料に含まれるものとしました。

とあり経年劣化や自然消耗による汚れや傷は貸主(大家)が負担し、
掃除を怠ったり故意に傷つけたりした場合は、その補修代金は借主(入居者)負担になります。

しかし、経年劣化や自然消耗は歳月が進めばひどくなるので、
原状回復は賃借人が借りた当時の状態に戻すことではないことを明確化しています。

そのためゴミ屋敷となると経年劣化や自然消耗は、他の人が通常の使用の場合に比べ経年劣化や自然消耗が酷くなるため、
現状復帰に必要な費用は通常よりも遥かに高額になり、事前に預けている敷金ではまかないきれません。

ゴミ屋敷としてしまっている場合、明らかに借主の故意・過失であるため、大家は借主に対して退去する時、
原状復帰工事費用の全額請求を行いたいと思われるかもしれませんが、経年劣化や自然消耗、通常の使用による損耗等の範囲を考慮しなくてはならなく、
そして修繕費用は賃料に含まれており敷金もあるため全額請求は難しいです。

もし全額請求できたとしても相手に支払い能力が無ければ、結局大家自身が負担しなければなりません。

大家はもしゴミ屋敷の原状復帰工事費用の負担を軽減したい場合は、ゴミ屋敷と早い段階で判断し退去してもらう事が最善ですが
中には一向に退去しないゴミ屋敷の借主が居るので、事前に賃貸契約の事項にゴミ屋敷などの著しく部屋を汚してしまっている場合は即日退去などの記載したり、
時間がかかるかもしれませんが、内容証明郵便の送付で「ゴミを処分して下さい。〇〇日までに対応がない場合は当該ゴミの処分、賃貸借契約の解除を行います。」
と通達し入居者に注意勧告をしたという証拠を作り今後の対応を合法的に進め退去させる法方もありますし、行政機関へ相談し退去させるケースも有効です。

また何か粗大ゴミや不用品の事で、お困り事がございましたらかたづけ招き猫をよろしくお願いします。

お片付け・家具移動・お引越しのお手伝いなど、なんなりとご相談ください。
お見積りは無料!!お気軽にご連絡くださいませ!

かたづけ招き猫は不用品回収1点からでも喜んで対応させていただいております。

このたびは、数ある不用品や遺品整理の片付け業者の中で、かたづけ招き猫を選んでいただいてありがとうございました。


ご相談は無料!!お気軽にお問い合わせください

0120-18-2951 0120-18-2951

年中無休 9時~20時まで受付


カテゴリから他の事例を探す

不要品回収 遺品整理 ゴミ屋敷 出張買取 引っ越し
月間1000件以上の対応実績!おかたづけ日誌
不用品お困り解決情報
対応エリア

和歌山県

和歌山市・海南市・橋本市・有田市・御坊市・田辺市・新宮市・紀の川市・岩出市・海草郡・紀美野町・那賀郡・伊都郡・かつらぎ町・九度山町・高野町・有田郡・湯浅町・広川町・有田川町・日高郡・美浜町・日高町・由良町・印南町・みなべ町・日高川町・西牟婁郡・白浜町・上富田町・すさみ町・東牟婁郡・那智勝浦町・太地町・古座川町・北山村・串本町

  • メディア掲載情報
  • スタッフ紹介
  • 会社概要